パソコンを買うとき 何をみる?③ストレージ



最近の言葉で「ストレージ」と言われますが、パソコンで作業したものを 保存するハード-ディスクや光磁気ディスク-ドライブなどの記憶装置。


②で メモリー と ありましたが、メモリーは 電源を落とすと消えるもの。


ストレージは 電源を落としても 残っている記憶で、再度 パソコンを立ち上げても 前回作業したものが(保存指示をしておく必要がありますが) 残っている装置のことです。


ストレージは設置する場所に応じて、次の3つの種類に分けされます。

  • 内部ストレージ

  • 外部ストレージ

  • オンラインストレージ

パソコンを買うときに 気にするのは 内部ストレージと、 外部ストレージをつなぐことができる ポート・ドライブの数です。


内部ストレージとは パソコン内に データを記憶して留めておく部分です。

HDD(ハードディスク)や SSD(ソリッドステートドライブ)と呼ばれているものです。


パソコンを購入した時には すでに OSをはじめ、初期設定用のデータが あらかじめ 内部ストレージに搭載され、残された部分が、保存用のデータ領域となります。


現在では、HDDに比べて「高性能」と言われる SSD の搭載が 当たり前になっていますが、同時に HDD よりも価格も高いため、HDDとSSDが 混載しているPCもあれば、SSD,HDDのみのパソコンもあります。


OS やアプリ用で SSD、データ保存用で HDD と、両方搭載するのが一番良いスタイルだと思います。


HDD と SSD を比べると起動や使用中の動作が雲泥の差です。動作の高速化を求める場合は、SSD の容量は 240GB 以上のもの選ぶと間違いがありません。


また、保存容量を 求める場合は、HDDが 1TB などのものを 求めるか、DVDドライブがついていたり、USBポートが複数個ついているものを選ぶと 良いと思います。










閲覧数:3回0件のコメント